タミヤの薄刃ニッパーとモデラーズニッパーの違い

ニッパーは、プラモデル製作では必ず必要となる道具のひとつですが、最初になんとなく購入して、そのまま使っているという方も多いかと思います。今回はプラモデル用のニッパーとして定番の下記の2種類のニッパーの違いを比較してみました。

タミヤ モデラーズニッパー
メーカー希望小売価格:1,080円(税込)
DSC_8383

タミヤ 薄刃ニッパー
メーカー希望小売価格:2,592円(税込)
DSC_8385

●刃の厚みの違い
刃先を比べると薄刃ニッパーの方が名前の通り、刃が薄いことが一目瞭然です。刃が薄い方が、細かいパーツもゲートからスムーズに切り離すことができます。
DSC_8391
DSC_8390

●刃先の精度
モデラーズニッパーは刃先がうまく噛み合っていないことが写真からわかると思います。(個体差があります)
それに対して、薄刃ニッパーはズレがなく、きっちり刃先が噛み合っています。そのため、モデラーズニッパーよりも切断面がキレイになります。
DSC_8393 DSC_8395

●切断面の違い
実際の切断面を見ると、かなり違いが見られます。モデラーズニッパーはイメージとして潰しながら切断したような感じになっています。そのため、このあとにデザインナイフやヤスリで切断面を整える必要があり非常に面倒です。それに比べて、薄刃ニッパーの方はキレイなため、切断面を整える必要がほとんどありません。
DSC_8404
モデラーズニッパーの切断面。切断面に凸凹があり、プラスチックが白化しています。

DSC_8403
薄刃ニッパーによる切断面。白化がほぼなく、切断面も平らです。

薄刃ニッパーは、モデラーズニッパーの2倍以上の価格がします。しかし、プラモデル製作においてニッパーの使用頻度は非常に高いため、思い切って薄刃ニッパーを購入してしまっても良いと思います。薄刃ニッパーを使用することで、ゲート処理などの作業工程を大幅に簡略化することができる上に、仕上がりも良くなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

JIN

JINディレクター

ぐるぐるBOXのディレクター。三重県出身。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る