モールドの追加(段差のスジ彫り)

スジ彫りによるモールドの追加で一番簡単なのは、段差にスジを入れることです。

suji
赤い矢印のところのような、本当は2つのパーツに別れてても良いのに、プラモデルだから一緒のパーツになっているような部分に、ケガキ針でスジ彫りをして、スミ入れをするだけでリアル感がアップします。また、スジ彫りをしないで、このような部分にエナメル塗料でスミ入れをしようとするとうまくスミが入らなかったりするので、スミ入れをスムーズに行うためにもオススメです。

やり方は簡単で、段差に合わせてケガキ針で削っていくだけです。
DSC_8077
一度に深く掘ろうとしないで、軽く薄く削っていくのがコツです。

段差は数多くあるので、どこまでやるかは好みの問題になります。目安としては、スミ入れをしたい場所で良いかなと思います。

<before>
DSC_8076

<after>
DSC_8079
実際に見ると、モールドの違いが、しっかり出ているのですが、写真だと非常に分かりづらいですね。残念。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

JIN

JINディレクター

ぐるぐるBOXのディレクター。三重県出身。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る