プラモデルで使用される塗料の種類について

プラモデルに使用される塗料は、主に下記の3種類に分類されます。それぞれに良いところと悪いところがありますが、メインで使用されることが多いのは、ラッカー系塗料になります。プラモデルの塗装は、メイン部分はラッカー系塗料を使用し、スミ入れや一部の塗装をエナメル塗料を使用することが多いです。

ガンプラは、体に優しい水性塗料をオススメしていますが、仕上がりを重視するなら、ラッカー系塗料がオススメです。ガンプラは子供も対象としているため、体に良くないラッカー系塗料は企業として、オススメしにくいのかもしれません。プロモデラーもラッカー系をメインに使用し、スミ入れなどにエナメル塗料を使用する方が多いようです。

また、各塗料はそれぞれに合わせた専用のうすめ液(溶剤)で薄めて、使用します。

1:ラッカー系塗料

商品名:Mr.カラー

良い点:乾燥早い、塗膜強い
悪い点:匂いがきつい(体に悪い)

IMG_8676

2:エナメル塗料

商品名:タミヤエナメル塗料

良い点:筆ムラが出にくい、乾燥後の発色が良い
悪い点:塗膜が弱く塗料が剥がれる、プラスチックを弱くするため割れる可能性あり

IMG_8678

3:水性・アクリル塗料

商品名:水性ホビーカラー

良い点:体に優しい
悪い点:筆ムラが出やすい

IMG_9579

※※重ね塗りをする場合には、注意が必要※※
下記の表は塗料の種類ごとに重ね塗りが可能かどうかを表した表です。塗料を重ねる場合は、塗料に含まれる溶剤によって、下に塗った塗料が溶け出す場合があります。筆塗りの場合は特になりやすいです。表の見方としては、下塗りをラッカー系にした場合は、上塗りにどれを選んでも良いが、下塗りにエナメル系を選んだ場合は、上塗りにラッカー系は駄目といった具合です。そのため、プラモデルの塗装では、メインをラッカー系で塗り、スミ入れにエナメル系を使用することが多いのです。

kasanenurihyou

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

JIN

JINディレクター

ぐるぐるBOXのディレクター。三重県出身。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る