ガンダムマーカー(スミ入れペン)でのスミ入れ

説明書通りに組み上げる「素組み」でも、ガンプラは完成度の高い作品が出来上がりますが、お手軽にワンランク上の完成度を求めるならば、ガンダムマーカーを使用したスミ入れがオススメです。

スミ入れとは、パーツの溝に線を書き込み、プラモデルのディテールを際立たせたり、全体的に立体感・影を演出するテクニックです。スミ入れの方法は、各種ありますが、ここではよりお手軽なガンダムマーカーを使用した方法を解説します。

ガンプラが置いてある模型店であれば、下記のスミ入れ用のガンダムマーカーの取り扱いもある可能性が高いです。

・油性の極細タイプ
IMG_8674

・水性のふでペン
IMG_8671

また、それぞれブラック・グレー・ブラウンとカラーバリエーションがあります。それぞれ良さがありますが、迷ったら、油性の極細ペンのブラック&グレーを購入しましょう。

【油性の極細ペンのスミ入れ方法】

<STEP1>
溝にそって、線を入れていく。
DSC_8086

<STEP2>
はみ出したら、指でこするか、消しゴムで消す。
DSC_8088

基本的には、これだけです。水性のふでペンタイプの場合は、水性のため、ティッシュや綿棒などでも簡単に拭き取ることができます。また入り組んだパーツのスミ入れの場合は、ペン先が柔らかな筆ペンタイプの方がスミ入れがしやすいでしょう。

ガンダムマーカーを使用したスミ入れ塗装の注意点としては、メインボディをラッカー系塗料などで塗装してしまっていると、マーカーでスミ入れしたときに消すことが難しくなります。こちらの方法でのスミ入れは、素組みで組み立てたガンプラにスミ入れする場合のみキレイに仕上がると思ってください。

【スミ入れの色について】
スミ入れの色を何にするかは好みにもよりますが、下記が定番な色分けになります。白っぽいパーツにブラックでスミ入れをしてしまうと、陰影がつきすぎてしまうので、グレーがオススメ。逆に濃い色のパーツだとグレーだと弱いので、ブラックでしっかり色づけするのがオススメです。

・白っぽいパーツ:グレー
・濃い色のパーツ:ブラック
・赤や黄色のパーツ:ブラウン

【全体のスミ入れを消したくなったら】
スミ入れをしてみたが、気に入らなくて大幅に消したくなった場合は、ラッカー系の溶剤を使用して拭き取ります。
IMG_8655

<before>
DSC_8082

<after>
DSC_8089
お手軽にできるガンダムマーカーでのスミ入れは、仕上がりをワンランクアップするための方法として、オススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

JIN

JINディレクター

ぐるぐるBOXのディレクター。三重県出身。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る