ガンダムF91 HGUC 製作レビュー

DSC_8096
=F91 GUNDAM F91=
ガンダムF91は、「機動戦士ガンダムF91」に登場する汎用小型試作モビルスーツです。小型の名前がついている通り、全高は15.2mと、初代ガンダム(RX-78-2)の18mと比べると、小さくなっているのがわかります。また本体重量は7.8tしかなく、これまた初代ガンダムの43.4tと比較すると、かなり軽量化されています。MSの限界性能の達成を目標として開発されただけあり、それまでの機体をはるかに凌駕する超高性能機だったそうです。

DSC_8097
DSC_8098
まずは胸部から組み立てていきます。

DSC_8099 DSC_8101
DSC_8102
特徴的な背部のメインスラスター。

DSC_8104 DSC_8105
色分けはされていませんが、胸部にはメガ・マシンキャノンがあります。頭部のバルカン砲よりも強力で、近接戦闘であればモビルスーツを破壊することも可能な威力だそうです。

DSC_8106
頭部は、最大稼働状態のフェイスオープン時のために2つあります。

DSC_8159
<通常時のフェイス>

DSC_8160
<最大稼働状態時のフェイス>

続いて腕部の組み立てです。
DSC_8109
肩も最大稼働状態の再現のために、パーツの付け替えができるようになっています。

DSC_8110
<通常時>

DSC_8111
<最大稼働状態>

DSC_8112 DSC_8113 DSC_8115 DSC_8116 DSC_8117 DSC_8118 DSC_8119 DSC_8121
上半身が完成しました。

続いて、脚を組み立てます。
DSC_8122 DSC_8123 DSC_8124 DSC_8125 DSC_8126
脚の背面が開きます。

DSC_8128
脚部の完成です。

DSC_8129 DSC_8130 DSC_8131
DSC_8132 DSC_8133 DSC_8134 DSC_8136 DSC_8137
全身が完成しました。

次はヴェスバーと呼ばれるビームライフルです。V.S.B.Rと書いて、ヴェスバーです。正式名称は、V.S.B.R=ヴァリアブル・スピード・ビーム・ライフルです。
DSC_8140 DSC_8141
ヴェスバーは先端を引っ張ると持ち手の部分が出てくるギミックになっています。

DSC_8142 DSC_8144
ビーム・ライフルです。

DSC_8145
DSC_8166
ビーム・ランチャーです。ビーム・バズーカの発展型という位置づけです。

DSC_8148
ビーム・サーベル&ビームシールド。グリーンが鮮やか。

<ギャラリー>
DSC_8149 DSC_8151 DSC_8152 DSC_8153 DSC_8154 DSC_8155 DSC_8156 DSC_8158   DSC_8161 DSC_8165
ヴェスバー格好良い。全体的に繋ぎがゆるい印象のキットでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

JIN

JINディレクター

ぐるぐるBOXのディレクター。三重県出身。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る