デルタプラス HGUC 製作レビュー

IMG_8691=NSN-001A1 デルタプラス=

デルタプラスは、機動戦士ガンダムユニコーンに登場する量産試作型可変モビルスーツです。可変モビルスーツなので、ウェブライダーと呼ばれる「戦闘機型」に瞬時に変形します。劇中だと、このロボットから戦闘機、戦闘機からロボットへの瞬時の変形がとても恰好良く描かれていて、映像を見ているだけでワクワクしてしまいます。今回は、そんな変形がポイントのデルタプラスを作ってみました。

IMG_8695
Aパーツ。
デルタプラスの機体の色って薄紫色でしたっけ。私の記憶では、劇中では灰色のイメージだったのですが・・・。公式設定では薄紫色なのかもしれません・・・。

IMG_8696
Bパーツ。

IMG_8697
Cパーツ×2。

IMG_8698
Dパーツ。

IMG_8699
Eパーツ。

IMG_8701
ビームサーベル&ポリパーツ&デカール。
ウェブライダーへ変形するためだけのパーツもあるため、HGとしては、パーツ数は多めです。

では、早速、組み立てに入っていきます。

IMG_8710
胸部です。2010年のキットなので、色分けもキッチリされています。

IMG_8712
頭部です。ユニコーンに登場するモビルスーツの特徴としては、どの機体も「小顔」です。この子もビックリするぐらい「小顔」。安室奈美恵もビックリの小顔です。

次は腕の製作です。

IMG_8713

IMG_8714

IMG_8715
肩から腕にかけて。

IMG_8719
肩パットです。

IMG_8721
組み合わせたら、腕の完成です。指は固定タイプなので、動きません。

IMG_8722
頭部、胸部、腕を組み合わせたら、上半身の出来上がりです。

続いて、脚の作成に入ります。

IMG_8723 IMG_8724 IMG_8725
靴の出来上がり。意外とほっそりな感じですね。

IMG_8726

IMG_8728

IMG_8729

IMG_8730

IMG_8731

IMG_8732

IMG_8733
今回の製作で一番難所だったデカール貼り。ピンセットなしでは無理。。。

IMG_8735
脚が出来上がりました。脚の下部の方は内部機構が丸見えなんですね。劇中では気付かなかった部分に気付けるのもプラモデルの良いところですね。

IMG_8737
大事な部分あたりです。

IMG_8738
後ろのスカート。

IMG_8739
股関節付近が出来ました。

IMG_8740
組み合わせたら、下半身の出来上がりです。

IMG_8741
上半身と組合わせたら、全体像の完成です。やっぱ小顔(笑)。

IMG_8742
後ろに羽をつけたら、ほぼ完成です。

IMG_8743
ビーム・ライフルです。

IMG_8744
シールドです。シールドの内部にはビーム・サーベルが内臓されていることになっています。

IMG_8745
シールドも完成です。

IMG_8746
ビームサーベルです。なぜか持ち手の部分が薄紫色です。さっきシールドに内蔵されていたビームサービルの持ち手は白なのに・・・。

IMG_8747
ウェブライダー変形用の専用パーツです。つまり、こいつを使用しないとウェブライダーには変形できません。

IMG_8748
ビーム・ライフル、ビーム・サービルようの持ち手です。専用の持ち手に変更しないと持てないのですが、その分、しっかり武器を保持できますので、ガシャガシャ動かして遊びたい方には良い作りですね。

IMG_8774
すべて取り付けたら、完成です。シルエットはスタイリッシュな印象ですね。

IMG_8779
横から。

IMG_8780
背後から。

IMG_8781
斜め前方から。この角度が一番美しいかも。スッと伸びたライフルと立ち姿のバランスが良いですね。

IMG_8765
ウェブライダー形態です。足が後ろからにょきっと生えてる感は否めないですが、それでも洗練された美しいフォルムだと思います。製作してみた感想としては、全体的にバランスも良いですし、変形して遊べるし、お得なキットだと思いました。色々と改修もしたいですね。あとは、オリジナルの機体を製作するときのパーツとしても使用しやすいパーツが多いのではないかと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

JIN

JINディレクター

ぐるぐるBOXのディレクター。三重県出身。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る